健康増進型保険が台頭してきた背景やそのメリットやデメリットとは

>

生命保険を契約する上で重要なこととは

生命保険に加入する意味

健康保険があり、何かあったときには一部負担で医療が受けられるというのが日本の医療保険の特徴ですが、それとは別に生命保険に加入される方が多いのは何故なのでしょうか。
それはやはり、いざという時に負担を少なくしたいという思いがあるのだと思います。
いざという時、というのは、何か大病にかかった時の医療費の保障であったり、老後に備えて少しでも貯蓄をしておくなど、それほど遠くない将来を見据えての備えということです。
通院や入院が必要なほどの病気にかかると、いくら保険がきくとはいえ、一度に出ていくお金は何十万とすることがほとんどです。そして病気になると働くことが出来なくなるので、出ていくお金が多いと非常に不安な気持ちになると思います。
そうした時に、生命保険でその費用がまかなえるとしたら、ありがたいですよね。月々の保険料はそのための貯金と考えて、出来るだけ多くの保障をしてもらえる保険会社を選ぶと良いでしょう。

自分にあった保障を見極めること

生命保険会社を選ぶ基準は様々ありますが、結局の所、自分の生活スタイルに合っているかどうかだと思います。
単身者であれば、自分の健康保障を第一に考え、通院費や入院費の保障が手厚いところを選ばれると良いですし、所帯をお持ちの方であればご家族のことも考えた保障を選ばれると良いでしょう。
生命保険の保障には、医療保障だけではなく貯蓄性も兼ね備えていますので、お子さんの教育費やご自身達の老後資金などがどれくらい保障されるのかなど、総合的に判断されると良いと思います。
月々の保険料に見合った保障が得られるかどうかが、生命保険を選ぶ時のポイントになります。自分に必要な保障は入っているか、無駄な保障は入っていないかなど、時々はご自身で見直してみることも必要なことではないかと思います。


この記事をシェアする

TOPへ